出会い系サイトであった本当の話
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 年齢認証 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
あなたは18歳以上ですか?


18歳以上/18歳以下

ENTER/EXIT

メガネフェチのお姉さん系美女とハメまくり! - 出会い系サイトであった本当の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガネフェチのお姉さん系美女とハメまくり!

出会い 人気アダルトブログランキング
出会い fc2ブログランキング
出会い 人気blogrank

⇒今回、使用した出会い系サイト!

メガネフェチの俺の願望が叶うとき


眼鏡フェチの俺は、眼鏡をした年上の女性をみるとムラムラしてしまう。
スレンダーで知的な眼鏡美人のお姉さんといつか眼鏡をかけたままで、ハメまくりたいというのが俺の夢だった。
俺のその夢は、無料の出会い系サイトでかなえることができた。

バリバリのキャリアウーマンだという瑞穂は、仕事が忙しくて彼氏を作る暇がなく、性欲処理のために、セフレを探していたらしい。
ニュースキャスターのような知的な美人で、フレームレスの眼鏡が似合う夢に描いたような理想のお姉さんだった。
瑞穂の仕事は忙しいので、会う約束をドタキャンされることもしょっちゅうだ。
かと思えば、平日の夜に急に呼び出されることもある。

知性ある女性は溜まらない!


セミロングの髪をかっちりとまとめ、スーツに身を包み、眼鏡をかけている瑞穂をみているだけで、俺のチンポはすぐに勃起し、襲いかかりたい衝動に駆られてしまう。
瑞穂は俺をじらすように、一枚一枚丁寧に服を脱ぎ、ハンガーにかけていく。
俺が一番、萌えてしまうのは、シャツのボタンを全てはずしてブラジャーに包まれた美乳をちらつかせ、シャツのすそから小さなパンティとガーターベルトで吊られたストッキングに覆われたすらりとした脚が見えている状態だ。

瑞穂は明日休みだということで、朝まで一緒にハメまくり決定!
朝までハメまくりコースだから、ずっとオナニーをこらえていた。
実際にラブホテルで二人きりになるまでは、ドタキャンされないかとヒヤヒヤものだ。
瑞穂がジャケットをハンガーにかけ、タイトスカートを脱いでいるのを俺は服を脱ぎながら、じっとみつめる。
パンティは光沢のある赤で、瑞穂の白い肌と黒いストッキングに映えている。

もう我慢できない!


瑞穂がシャツのボタンをはずしていき、赤いブラジャーと美乳がみえはじめる。
とっくに全裸になり、チンポを勃起させていた俺は瑞穂に襲いかかった。

「あんっ!もうしんいちはせっかちなんだから。」

オッパイを揉みながら、キスをせがむと、瑞穂は苦笑しながら応じてくれる。
キスをしているだけで、俺のチンポはどんどん充血していく。

「んふ…うン…はぁ…今日もしんいちのチンポ、元気に勃ってるわね。」

眼鏡をかけた瑞穂の表情がちょっと上気していて、たまらなく色っぽい。
俺はブラジャーをズラして、まずは美乳に愛撫した。
マシュマロみたいな感触の美乳は触っているだけで、俺を癒してくれる。
濃いピンクの乳首にキスして、もう片方の乳首を指で優しく触る。

「ん…ねえ、早くほしいの。」

瑞穂は待ちきれなくなったのか、自分でパンティを脱いだ。

それでは、ゆっくりと楽しませていただきます


瑞穂の足元に座って、立ったままの瑞穂のオマンコをクンニする。
オマンコを丁寧に舐めながら、瑞穂の顔を見上げると、うっとりとしていて、俺はますます興奮した。

「オマンコ、すごく濡れてる…。」
「セックスするとわかっている時は、いつも朝からオマンコが濡れちゃうのよ。トイレで拭くたびに、愛液がトイレットペーパーについちゃうんだから。」
「そんなこといったら、もう我慢できないよ。」

俺は瑞穂がトイレでオナっているのを妄想して、さらに興奮した。

「もうクンニはいいから、しんいちのチンポ入れて。」

瑞穂は壁に手をつき、美尻を俺に向けた。
俺はすぐに立ち上がり、先走りでヌルヌルの亀頭でオマンコをなでる。

「いじわるぅ!早く入れてぇ!」

俺を振り返っておねだりする瑞穂の顔が可愛くて、俺は一気にチンポを奥まで挿入した。

「ああんっ!」

瑞穂が体をのけぞらせて、嬌声をあげる。
眼鏡をしている顔が見えない立ちバックはあまり好きではないが、とりあえず、瑞穂の腰をつかんで、これでもかっ!とばかりに腰を打ち付ける。

「これぇ…硬くて太いしんいちのチンポが欲しかったの…。」

俺が瑞穂のマンコを突くたびに、瑞穂はあえぎ声をあげながら、体を震わせる。

瑞穂のイキ顔を見ながら…


瑞穂の息が荒くなってきたところで、俺は一度オマンコからチンポを抜いた。

「やだぁ!なんで抜いちゃうの?」

感じすぎて真っ赤になった顔で、不満そうに俺を振り返る瑞穂の顔がみたいからだ。
そのまま瑞穂をベットに連れて行き、今度は正常位で再挿入する。

「はぁぁぁんっ!」

瑞穂が悦びの声を上げながら俺にしがみついてくる。

「イイっ!しんいちのチンポ、すごくイイよ!」

ストッキングをはいたままの脚を持ち上げて、俺の肩の上にのせ、オマンコの奥を突いてやると、瑞穂はすぐにイきそうになる。

「オマンコの奥を突かれながら、クリトリスを触られるの好き?」

俺は指でクリトリスをいじりながら、勃起した乳首を軽く噛んだ。

「やっ!イく!イっちゃう!」

瑞穂のオマンコがギュウっと締まる。
眼鏡の下の目がうっすらと涙を浮かべている。
一度瑞穂がイったところで、俺は脚の角度を変えながら、何度も何度もチンポでオマンコをこすり続ける。
射精感をこらえながら、俺は瑞穂の恍惚としたイキ顔を目に焼き付けた。

出会い 人気アダルトブログランキング
出会い fc2ブログランキング
出会い 人気blogrank

⇒今回、使用した出会い系サイト!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://deaihontou.blog24.fc2.com/tb.php/10-237d0141

ライブチャットで結婚できるのか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。